~続・狛犬のおはなしの巻~

 戌年の年始にちなみ、「狛犬のおはなし」の途中です。今回はわたしが出会った「変わりダネ狛犬」のご紹介。

お正月気分を引きずりつつ(・´з`・)?「お茶」とは無関係に脱線しますが、しばしお付き合いください。

 

 

 【岡山には岡山の味がある?】

bizenn.jpg 岡山県南部でたまに見ることができる「備前焼」の狛犬。写真は倉敷市にある某有名神社の狛犬で、備前焼特有の焼き色と、美しい立ち姿が魅力的です。

 「備前焼」の狛犬が見られるのは岡山ならでは。しかしながら陶器であるため石製に比べて傷みやすく、また近年転売目的で盗難に遭う神社が話題になったりも。後世に大切に残していただきたいと思います。

 

 

tako.jpg また、もうひとつの写真は「タコ」。先ほどの神社の敷地内で見ることができるのですが、わたしはここ以外の寺社で「タコ」の像を見たことがありません。「下津井のタコ」で有名な地域ならではの変わりダネですね。

 このように、その地域特有の特徴を探してみるのも面白いですよ。

 

 

 

 【育児中ですか?】

komochi.jpg こちらは島根県内のちいさな神社。大国主の子供の一人が生まれた場所ということで、安産にご利益があるのだそうです。狛犬の足元をよ~く見ると・・・可愛らしい子供の狛犬を抱いています。さらに子供狛犬は球を抱いて遊んでます(´艸`*)。

 「この狛犬は雌なの?それとも雄なの?。そもそも狛犬って男女ペアなの??」と、数々の謎を投げかける、この神社ならではの狛犬なのでした。 

 

 まだ初詣がお済みでない方は、是非ぜひ「狛犬観察」をしてみてくださいね。

 

 そしておうちに帰ったら「お茶でホットなひとときを」

 

「バクちゃん本舗」では1月15日まで、引き続き初売りセール開催中ですよ~。

 

 

 

 

~新春初売SALE中です~

2018hatuuri_01.gif 

 狛犬のお話の途中でしたが、「新春初売SALE」のおしらせです。

 

 現在『バクちゃん本舗』では「新春初売SALE」を行っております。今回は「大佐小町 国産杜仲茶」と「JASオーガニック麦茶」の二品がなんと50%OFFです!1月15日までとなっておりますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 【過去には何度も杜仲茶の流行が】

bakuchanhonpo_54705.jpg 今回のセールでは杜仲茶が大人気。Yahoo!ショッピングでも杜仲茶部門で「売り上げランキング1位」を記録しております。

 過去には1970年代・1990年代にブームとなり、また最近では、2006年にマスコミに取り上げられた際には国産杜仲茶葉が手に入らなくなるほどの大ブームとなりました。当時わたしも工場で毎日「杜仲茶」製造に追い回された記憶が・・・(*´Д`)。今回は何度もブームを巻き起こす「杜仲茶」について見てみましょう。

 

 【杜仲茶の人気の秘密は?】

bakuchanhonpo_54705_1.jpg 古来より杜仲の樹皮は、漢方薬として使われています。もちろん葉にも多くの健康効果が秘められているといわれています。ミネラル類や栄養成分が豊富な上にノンカフェインなので、たくさん飲んでも大丈夫。過去に様々なメディアでいろいろな健康効果を取り上げられたことで、各世代の方にも認知度が高い健康茶なのです。

 

 【クセが凄い(;´Д`)?】

 しクセのある味で、苦みや渋みを強く感じる方も多いようですが、冷やして飲んだり少し薄めに煮出してみたり・・・ほかのお茶で割ってみても良いかもしれません。過去に流行した飲み方ですと「杜仲茶の焼酎割り」なんて飲み方も(´艸`*)。利尿作用や脂肪吸収を抑える効果もあるそうなので、お酒のお供にはピッタリかも知れませんね・・・。

 

 長く飲み続けていただくことで、はじめて健康効果が生まれるものだと思います。一過性のブームに終わらず、美味しく飲み続けていただけるよう願っております。まだ飲んだことの無い方も是非この機会に(・´з`・)。

 

 『バクちゃん本舗』新年初売SALEのページはコチラ➡➡➡「新年初売SALE

 

 ではでは、次回こそ「狛犬」の続きのおはなしを・・・

 

 

 

 

 

 皆様、初詣はもうお済みでしょうか?

  神社や寺院の入口の両脇に置かれている物といえば・・・?。お正月ですし、戌年にちなんでおめでたく「狛犬」のおはなしをしてみたいと思います。

 わたしの「得意分野」なのですこし脱線してしまうかも・・・(*´▽`*)。しばしお付き合いください。

 

 【狛犬は犬じゃない?】

DSC_komainu.jpg 地域や設置された時代によって微妙に見た目が異なる狛犬ですが、大抵の場合『犬には見えない』姿形かと思います。戌年のおはなしとか言っておきながら、実は狛犬は犬ではありません( *´艸`)。狛犬の起源は古く、古代インドや古代エジプトで神域の入口に置かれていた「ライオン」の像が由来と言われています。

 

 日本に仏教が伝来するようになると、中国から朝鮮半島を経由し、伝説上の「獅子」の姿になって伝わっていきます。このため、獅子を知らない当時の日本人が「高麗犬」と呼び、「こうらいいぬ」が変化して「狛犬」になったという説があります。

 

 この説からすると、ピラミッドの守護者である「スフィンクス」は「狛犬」と遠い親戚ということになりますね(; ・`д・´)。

 

 【獅子だけじゃない狛犬】

 「稲荷社」には獅子でなく、必ず「キツネ」の像がいらっしゃいますよね。これは皆様ご存じかと思います。

 変わったところでは「摩利支天」には「イノシシ」、「毘沙門天」には「トラ」など、一定の神仏には獅子以外の動物が置かれていることも。その他「ヘビ」や「シカ」「ハト」など種類は様々。参拝の際には寺社と動物との由来を調べてみるのも面白いですよ?

 

 【初詣で冷えた体にホットなお茶を】

 『バクちゃん本舗』では、ただいま「初売りセール」開催中(´▽`*)。寺社参りで冷えた身体にはホットなお茶がピッタリ!ご注文お待ちしておりま~す(´艸`*)。

 

 次回はわたしが出会った「変わった狛犬たち」をご紹介。お茶のお話そっちのけで脱線しますよ~(*´Д`)。

 

 

 

 

~新年会です。の巻~

 

oharai.jpg  冬期休暇も最終日です。本日は岡山工場にて工場のお祓いと新年会を行いました。

 

  例年通り、午前10時より岡山工場地元の大佐神社 戸部宮司に工場にて安全祈願をしていただいたのち、従業員一同で大佐神社に参拝いたしました。

  今年も一年、大過なく働くことができますよう、しっかり祈念いたしました。

 

えんかい25.jpg  初詣が終わったのち、お待ちかねの新年会に移行です。今年は鍋パーティーとなりました。みんなしっかり食べて飲んで、楽しい新年会となりました。

 

  さぁ、明日からは頑張って仕事ですよ~。無事故で元気に『犬笑う』年になりますように(*^-^*)。

~謹賀新年 2018~

 【新年のごあいさつ】

illust1298_thumb.gifillust1299_thumb.gif 皆様、新年あけましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同、心よりお願い申し上げます。

 

 

 【戌年のはじまりです】

 『戌年』と、かけまして・・・三つのお約束を・・・

 

① 「鋭い嗅覚」をもち、社会のニーズを敏感にキャッチします。

② 「疾走力」をもち、お客様の声に素早く対応いたします。

③ 「誠実さ」をもち、製品製造に真摯に向き合います。

 

 どうぞ本年も丸菱をよろしくお願いいたします(´▽`*)

 

 

 

| 1  2 |